看護用語集

CPAP

しーぱっぷ

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)
持続的気道陽圧のこと。

患者さんの自発呼吸にPEEPを追加したモード。
PEEPは自発呼気に圧をかけることによって虚脱しやすい気道と肺胞を常に陽圧に保つ。
なので、自発呼吸のない患者さんには使用できないことに注意する。
PEEPをかけることで、患者さんの呼吸仕事量が軽減され、肺容積が増大し、酸素能の改善につながる。

CPAPでは多くの場合、PSを追加して患者さんの自発呼吸をサポートする。
自発呼吸ができている患者さんを対象に、ウィーニングの前段階として用いることの多いモードである。
同義語・略語
CPAPの同義語・略語は未登録です

CPAP に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    CPAP に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索