看護用語集

α1受容体拮抗薬

あるふぁわんじゅようたいきっこうやく

α1受容体拮抗薬は、ノルアドレナリンと拮抗してアドレナリン作動性神経を遮断する薬。
主に血圧低下、排尿障害の改善を目的に使用する。
α1受容体拮抗薬のブナゾジンやドキサゾシン、プラゾジンは血圧低下の作用がある。
α受容体拮抗薬のタムスロシンやシロドシン、ナフトピジルは前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療に使われる。
副作用は、過度の血圧低下や起立性低血圧、肝機能障害(AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、ALP上昇など)がある。
[]
同義語・略語
α1受容体拮抗薬の同義語・略語は未登録です

α1受容体拮抗薬 に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    α1受容体拮抗薬 に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索