看護用語集

頚静脈怒張

けいじょうみゃくどちょう

頚静脈怒張とは、頸静がぱんぱんに張っている状態(怒張)のことである。
心不全(右心不全)でみられる症状のひとつである。

心不全とは、さまざまな因疾患によって心臓のポンプ機能が低下して、全身に十分な血液を送り出すことができないことで、いろいろな症状を呈する病態のことである。

心不全には左心不全と右心不全がある。

心不全は、左心室のポンプ機能が低下して、全身に血液を送り出せないことから、血液が停滞して左房圧や肺静圧が上昇して、肺うっ血を来たした状態である。
原因疾患には、心筋疾患や虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、高血圧などがある。
主な症状は、肺うっ血による呼吸困難や咳嗽などで、臥床すると呼吸困難が強くなることがある。

心不全は、血液を肺動脈に送りだす際に、原因疾患によって右心室に負荷がかかることで右房圧が上昇し、その結果、静系の血流が滞り、全身のうっ血を来たした状態である。
原因疾患には、慢性閉塞性肺疾患や肺動脈弁膜症、虚血性心疾患(下壁梗塞による右室梗塞)などがある。
主な症状は、頚静脈怒張腹水浮腫、消化管浮腫による食欲不振などがある。
同義語・略語
Jugular vein engorgement

頚静脈怒張 に関する投稿

単語検索