看護用語集

PIカテーテル (PICC)

ぴーあいかてーてる

PICC(末梢挿入中心静脈カテーテル、peripherally inserted central catheter)とは、尺側皮静、橈側皮静、肘正中皮静などを穿刺して、腋窩静、鎖骨下静を経由してカテーテルを上大静に先端を留置させる中心静脈カテーテルのひとつである。日本では「ピック」と呼ばれている。

中心静脈カテーテル挿入時の合併症である気胸や血胸などが起こらないことが最大のメリットである。しかし末梢静カテーテルに比べて、静炎の発生頻度が比較的高いといわれている。また、肘を曲げることにより滴下が不安定になるという欠点もある。これに対しては、エコーガイド下に上腕の静から穿刺する方法を採用するようになってきている。静は、エコープローブで圧迫することにより静が凹むことで同定することができる。穿刺する静が同定できたら、プローブにニードルガイドを装着し、エコーガイド下に穿刺する。

同義語・略語
ピックPICC末梢挿入中心静脈カテーテルperipherally inserted central catheter

PIカテーテル (PICC) に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    PIカテーテル (PICC) に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索