看護用語集

P/F ratio

ぴーえふれいしお

FiO2呼吸器の設定が変更になったときに、酸素化能を判断する指標のこと。
PaO2FiO2で割って出す数式。

例)
人工呼吸器CPAPモード FiO2 45%にしたときに、PO2 100ttor前後だったとする。
計算方法は PaO2/FiO2 でおこなう。
45%は0.45になる。
なので…
100÷0.45≒222 約220である。

動脈血液ガス分析でPaO2の数値を見るときにはその数値だけではなく、FiO2に対しての酸素化能がどう変化しているかを考える必要がある。

酸素化の目標値は以下。
SpO2:92~94%
PaO2:70Torr

300を下回るとALI(Acute Lung injury)に当てはまる可能性があり、200を下回るとARDS(Acute Respiratory Distress Syndrome)に当てはまる可能性がある。
同義語・略語
P/F ratioの同義語・略語は未登録です

P/F ratio に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    P/F ratio に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索