看護用語集

配合変化

はいごうへんか

配合変化(blending change)とは、2剤以上の薬剤を混合する際に起こる変化のことである。

注射剤では、主薬と主薬・主薬と添加物・添加物と添加物の組み合わせで配合変化が起こる。
大きく以下の3種類に分類される。
治療学的配合変化薬剤の体内での相互作用による薬効の変化
・物理学的配合変化…溶解度などの変化で結晶ができ、沈殿、混濁などが生じる
・化学的配合変化…加水分解などによって力価が低下する変化

配合変化によって、着色などが起こっても薬効には問題がない場合や、外見の変化がないにもかかわらず、有害物質が生じている場合もあるので、厳重な注意が必要である。
また、沈殿物や結晶によって、末梢静カテーテル中心静脈カテーテルが詰まる場合や静炎や血管炎を引き起こすこともある。
結晶については、時間の経過とともに徐々に結晶ができてくることもあり、高カロリー輸液などを行う際には注意が必要である。
配合変化が生じやすい注射薬一覧をすぐ確認できるよう準備しておくことが大切である。
[]
同義語・略語
blending change

配合変化 に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    配合変化 に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索