看護用語集

内臓痛

ないぞうつう

内蔵痛(visceral pain)とは平滑筋の過伸展・拡張・収縮などによって生じる痛みのことである。
体性痛にくらべて、痛みの部位や位置が不明瞭でハッキリせず、しばしば悪心・嘔吐、冷汗、血圧低下などの自律神経症状を伴う。

対して体性痛(somatic pain)とは、皮膚・骨格筋・関節・腹膜・胸膜などが物理的に刺激されて起こる痛みのことである。体性疼痛ともいう。部位が不明瞭な持続する鋭い痛みが特徴である。

腹痛は通常、内臓痛体性痛と関連痛に分類される。

内蔵痛の場合は、腹腔内蔵自体に生じる局在不明の疼痛である。
周期的に鈍痛が生じて、さしこむような痛みが特徴。
病変部とは無関係に遠方の腹部正中線に沿って痛みを感じることもある。

体性痛の場合は、持続的な鋭い痛みで圧痛点と患部が一致する。
筋性防御などの腹膜刺激症状を伴うこともあり、身体を動かすことにより痛みが増強されることがある。

腹痛を訴える患者の場合、問診が大切になる。
どのような痛みがどのくらい続くのかを丁寧にわかりやすく問診することで早期診断が可能となる。
同義語・略語
visceral pain

内臓痛 に関するナース専科会員のコメントはこちら

単語検索