看護用語集

救急カート

きゅうきゅうかーと

救急カートとは、急変対応時に効率よく治療することを目的に、必要最低限な救急物品、薬品をまとめて収納してある移動可能な台車のことである。

主に、薬品・血管確保物品・気道確保物品・気管挿管物品・酸素吸入物品などが収納されている。
薬品は、昇圧薬・抗不整脈薬・カルシウム拮抗薬などが準備されている。
劇薬に指定されている薬品も多く、遮光保存が必要な薬品もあるため、適切な管理が必要である。

血管確保物品は、静留置針・駆血帯・固定テープ・輸液ルート・延長チューブ・三方活栓などが収納されている。

気道確保物品・気管挿管物品は、気管チューブ・喉頭鏡・バイトブロックなどが収納されている。

酸素吸入物品は、バックバルブマスク・酸素マスク酸素ボンベなどが準備されている。

救急カートについては常に決められた位置に配置して、緊急時にいつでも使用できるように定数の確認、破損、故障の有無、使用期限などを定期的確認を行う。
また使用後は速やかに補充と整備をしておく。
同義語・略語
emergency cart

救急カート に関連する看護用語

救急カート に関するナース専科会員のコメントはこちら

単語検索