看護用語集

サーフロー

さーふろー

サーフローとは、テルモ株式会社が販売する静留置針のことである。

メディキット株式会社からは「スーパーキャス5®」、日本ベクトン・ディッキンソン株式会社からは「BD インサイト オートガード」などの名称で販売されている。

留置針は外筒と内筒で構成されている。外筒はテフロンコーティングされた柔らかい素材で作られたカテーテルで、末梢静に長期間の留置が可能である。しかし、カテーテル関連血流感染予防のため、72~96時間ごとの交換が一般的である。

カテーテルのサイズは16Gから24Gまであり、成人の場合は、通常22Gが選択される。
輸血などが予想されるときは、溶血を防ぐために20G以上を選択する。

穿刺部位は、前腕の尺側皮静橈骨皮静が最適で、可動を妨げないよう関節部にかからないような位置を選ぶ。
穿刺してはいけないのは、シャント側や麻痺側、乳房切除術側などである。
同義語・略語
静脈留置針

サーフロー に関する投稿

単語検索