看護用語集

吸引

きゅういん

吸引とは、カテーテルを用いて気道内に貯留している分泌物を除去する看護・医療手技である。

口腔吸引鼻腔吸引気管吸引の3つに分類される。また気管吸引には、開放式気管吸引と閉鎖式気管吸引の2つの方法がある。

吸引は、痰の貯留による合併症予防するために行うが、不必要な吸引患者に苦痛を与えるばかりではなく、合併症のリスクを高めてしまうこともある。
そのため、実施前には慎重なアセスメントが不可欠である。

吸引カテーテルは、吸引する部位や気管チューブの太さに応じて適切なサイズを選ぶ。
気管吸引の場合は、「外径が留置されている気管チューブや気管切開カニューレの内径の1/2以下のもの」という基準があるが、通常は、成人であれば10~12Frのカテーテル吸引を行う。

挿入する深さは、気管チューブの長さ+2~3cmが目安となる。
それよりも深くなると気道内の粘膜を損傷してしまったり、患者に不必要な苦痛を与えてしまう恐れがある。
同義語・略語
サクションsuction

吸引 に関連する看護用語

吸引 に関する投稿

単語検索