看護用語集

肺循環

はいじゅんかん

肺循環とは心臓を出て肺を通り心臓に戻る循環のことである。
小循環とも言われ、右心室→肺動脈→肺組織→肺静→左心房の経路をとる。

肺循環では、肺動脈の中を静血が流れ、肺で二酸化炭素と酸素の交換が行われることにより動脈血となり、肺静を通って心臓へ戻る。

体循環とは、血液が心臓を出て全身に至り、毛細血管を経て再び心臓に戻ってくる循環のことである。
大循環とも言われており、左心室→大動脈→組織→大静→右心房の経路をとる。

体循環では、動脈には酸素に富んだ動脈血が流れ、静には二酸化炭素等の不要物を含んだ静血が流れている。
体循環肺循環の血液量は等しいはずだが、体循環系と肺循環系の間の一部には生理学的シャントがある。
そのため約2%の体循環血液は右心系に戻らない。
チアノーゼ型先天性心疾患などの場合には、その量が多くなることが知られている。
同義語・略語
小循環pulmonary circulation

肺循環 に関するナース専科会員のコメントはこちら

単語検索