看護用語集

気道内圧

きどうないあつ

気道内圧とは、気道にかかる圧のことである。
単位は、cmH2O(センチメートル水柱またはセンチメートルエイチツーオー)。

人工呼吸器を装着するときに、気道内圧の上限値と下限値を設定する。
人工呼吸器装着中には、気道内圧モニターによって気道内圧のモニタリングを行っており、上限値を上回った場合には高圧アラーム、下限値を下回った場合には低圧アラームが鳴る。
気道内圧が高くなる原因には、痰が貯留している・人工呼吸器と自発呼吸が同期していない・肺コンプライアンスの低下している・回路の屈曲・閉塞している等がある。

気道内圧が低くなる原因には、回路の接続がはずれている・気管内チューブが破損している・カフ圧が低下している・気管内チューブが抜けている等がある。

回路の接続がはずれている場合には、早急に接続をし直す。
また気管内チューブが破損している場合や気管内チューブが抜けている場合には、患者呼吸状態を確認して、呼吸をしていない場合には用手的換気を行い、気道確保することが最優先となる。
同義語・略語
airway pressrure

気道内圧 に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    気道内圧 に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索