看護用語集

アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム(スルバシリン)

あんぴしりんなとりうむするばくたむなとりうむ

β-ラクタマーゼ阻害薬配合剤の1つで、グラム陽性球菌に有用な抗菌薬。
ペニシリン系とも呼ばれる。

細菌の細胞壁の合成を阻害することで、細菌の増殖を抑える。
肺炎、腹膜炎、膀胱炎などに効果的。

重大な副作用としては、アナフィラキシーショックや中毒性表皮壊死融解症、血液障害などが起こる可能性がある。
本人や家族が気管支喘息や蕁麻疹などアレルギーを起こしやすい体質の場合は、特に注意すること。
[]
同義語・略語
アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム(スルバシリン)の同義語・略語は未登録です

アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム(スルバシリン) に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム(スルバシリン) に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索