看護用語集

臥床患者

がしょうかんじゃ

臥床患者とは、疾患の治療ため、床上での安静の指示をされている患者のことである。

疾病からの回復力や治癒力は環境が影響するといわれている。
臥床患者の場合、患者自身での環境整備の実施が困難なことが多い。
そのため、臥床患者環境整備は、看護師の役割である。看護師環境整備を行う際には、看護師自身の感覚で行うのではなく、エビデンス患者の感覚を基準に行うことである。

環境整備には、大きく病室の環境整備とベッド回りの環境整備の2つに分類される。
病室の環境整備とは、温度・湿度・音・明るさ・におい・人的環境・面積などを整えることである。
またベッド回りの環境整備とは、転倒転落予防感染予防・安楽・褥瘡予防を実施できる環境を作ることである。
臥床患者の場合、長時間床上で過ごすため、ベッド上の環境を整えることが大切である。
シーツ交換は、汚染された場合と定期的に行う場合が多いが、環境の維持と改善といった重要な意味合いを持っている。
同義語・略語
臥床患者の同義語・略語は未登録です

臥床患者 に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    臥床患者 に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索