看護用語集

アロプリノール(ザイロリック)

あろぷりのーる

尿酸生成抑制薬の1つで、主に痛風や高尿酸血症に使用される。

尿酸はキサンチンオキシダーゼという酵素の働きによって産生される。
この薬は、キサンチンオキシダーゼの働きを抑制することで、尿酸が産生されるのを防ぐ。

服用の際には、水分を多めに摂取してもらい、尿量を増やすことで尿酸結石を防ぐ必要がある。稀に皮膚障害や肝機能障害を起こすことがあり注意が必要。
[]
同義語・略語
アロプリノール(ザイロリック)の同義語・略語は未登録です

アロプリノール(ザイロリック) に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    アロプリノール(ザイロリック) に関するナース専科会員のコメントはこちら

    該当する用語はありませんでした

      単語検索