看護用語集

アゼルニジピン(カルブロック)

あぜるにじぴん

血圧や狭心症の際に使用されるCa拮抗薬の1つ。
平滑筋や心臓の筋肉の収縮に関わるカルシウムイオンが、細胞内に流入するのを阻害することで血管を拡張して血圧を下げる。血圧治療では第一選択とされる薬で、安定した効果が得られる。
グレープフルーツと一緒に摂取すると、血中濃度が上昇しやすいため、食べないように注意する。
同義語・略語
アゼルニジピン(カルブロック)の同義語・略語は未登録です

アゼルニジピン(カルブロック) に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    アゼルニジピン(カルブロック) に関するナース専科会員のコメントはこちら

    該当する用語はありませんでした

      単語検索