看護用語集

On-Off現象

おんおふげんしょう

パーキンソン病治療薬が効いている状況のことをOn現象、パーキンソン病の治療薬が効いていない状態をOff現象と呼ぶ。
On現象時には、パーキンソン病の症状が抑えられているため日常生活を送ることができる。
パーキンソン病の治療薬であるL-ドーパの効き目がなくなると、パーキンソン病の症状が現れてしまうOff現象が発生する。
Offの状態では、振戦・無動・運動障害などの症状がみられるので、Off状態にならないように複数の薬を併用するといった治療がおこなわれる。
同義語・略語
On-Off現象の同義語・略語は未登録です

On-Off現象 に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    On-Off現象 に関するナース専科会員のコメントはこちら

    単語検索