看護用語集

アルファカルシドール(アルファロール)

あるふぁかるしどーる

慢性腎不全や副甲状腺機能低下などの疾患からくる、ビタミンD代謝異常に伴う諸症状を改善する薬。
肝臓や腎臓などで代謝されて活性型ビタミンD3になり、カルシウムの吸収を促してくれる。

ビタミンD代謝異常が起こると、低カルシウム血症、筋力低下、骨痛、骨病変などが起こる。
[]
同義語・略語
アルファカルシドール(アルファロール)の同義語・略語は未登録です

アルファカルシドール(アルファロール) に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    アルファカルシドール(アルファロール) に関するナース専科会員のコメントはこちら

    該当する用語はありませんでした

      単語検索