看護用語集

アスパラギナーゼ(ロイナーゼ)

あすぱらぎなーぜ

代謝拮抗剤の1つ。
がん細胞が増殖するさいに必要な、アスパラギンというアミノ酸を分解する作用を、L-アスパラギンというアミノ酸が持っている。
健康な人はL-アスパラギンを産生できるが、白血病などの患者さんではこれが枯渇してしまうため、アスパラキナーゼを投与することで、人工的なL-アスパラギンを補充してがん細胞を死滅させることができる。
急性白血病の寛解導入療法で、エンドキサンやプレドニゾロンなどと併用される。
同義語・略語
アスパラギナーゼ(ロイナーゼ)の同義語・略語は未登録です

アスパラギナーゼ(ロイナーゼ) に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

    アスパラギナーゼ(ロイナーゼ) に関するナース専科会員のコメントはこちら

    該当する用語はありませんでした

      単語検索